捨てる物があるならば不用品回収業者に依頼

  • リサイクルスタッフ(不用品回収レスキュー)

    大掃除や引越しの時に出る粗大ゴミの処分に困る人も多いですが、サイズが大きい粗大ゴミの場合は不燃ゴミとして捨てることができません。行政に連絡して回収してもらう必要がありますが、行政だと日時が指定されるので、急な引っ越しなどで急いで回収して欲しい時などは困ってしまいます。 行政の回収の場合は数を制限することもあるので、大量の粗大ゴミがあると回収を断られれることもあります。その点民間の不用品回収業者なら即日回収もおこなっているので、急いで引越しをしたい人でも安心です。回収する量に制限もないので引越しの後の大量の粗大ゴミ回収にもむいています。

    部屋の中まで不用品回収に来てくれる

    家具や家電を買い換えた場合、どうしても古い家具や家電が邪魔になってしまいます。小さいサイズの物は不燃ゴミとして捨てることができますが、大きなサイズの物は不燃ゴミとして捨てることができません。市町村の粗大ゴミ受付センターに連絡して、捨てる予定の家具や家電を回収に来てもらう方法もありますが、指定された日時に家の前までに出しておく必要があります。大勢で住んでいる家なら家の前までに品物を運ぶことができますが、女性の一人暮らしの場合や高齢者しかいない場合は、重い家具や家電をを家の前まで運ぶことは難しいです。そんな時は不用品回収業者に回収をお願いするといいでしょう。部屋の中まで回収に来てくれるので安心です。

    複数社から見積もりをだしてもらう

    不用品回収サービスを利用する場合は、どこまでのエリアが対応エリアかしっかり確認しておくことが大事です。対応エリアならば無料で出張見積もりに来てもらえます。東京にも不用品回収サービスをおこなう業者は沢山あります。渋谷区の業者ならば対応エリアも渋谷区や新宿区、杉並区や世田谷区、千代田区などと幅広いので気軽に出張見積もりを依頼するといいでしょう。 見積もりは1社だけでなく、複数社からだしてもらうことが大事です。たまに極端に相場価格よりも安い料金を提示してくる業者もありますが、後で追加料金が発生することもあるので気をつけてください。

    サービスの質で業者を選ぶ

    不用品回収業者によって、サービスが違うので自分にあったサービスをおこなう所をじっくり比較して選ぶことが大事です。大量の品物がある場合はトラゥクの積み放題パックがある所を利用すると単品で依頼するよりもお得になります。他にもハウスクリーニングをおこなう業者や遺品整理をおこなう業者もあるので、状況に応じて選ぶと後で後悔しません。その不用品回収業者を利用したことがある口コミや体験談を確認することも大事ですが、良い口コミや体験談ばかりを信用せず、悪い口コミや体験談も読んでじっくり比較するといいでしょう。

トップへ戻る