不用品を捨てるシーンは様々です

  • リサイクルスタッフ(不用品回収レスキュー)

    不用品回収業者を検索出来るウェブサイト

    家の中にある不用品は粗大ゴミと呼びます。 粗大ゴミはお住いの住所を管轄している市区町村の役所に電話などで予約を行い、捨てる品物の回収費用をコンビニなどで支払いを行って粗大ゴミ処理券を受け取るなどの手続きが必要になります。 さらに、捨てる品物は一戸建て住宅の場合は家の敷地内に持ち出しておく必要があります。 不用品回収業者の場合は、依頼をするだけで家の中にある捨てるものを運び出して貰えるため、大きな不用品がある場合でも安心です。 当サイトでは東京を初め、神奈川や千葉、埼玉など、厳選した不用品回収業者の中から検索が出来るようになっています。

    不用品回収依頼の中で多いのは引越し時です

    不用品回収を依頼するシーンは様々ではありますが、要らないものを捨てる時に多いのは引越しを行う時です。 他にも、遺品整理の時などは捨てるものが大量に出て来るケースは多いと言えましょう。 捨てるものが大量にある場合、粗大ゴミ回収を利用しているのでは費用が掛かり過ぎてしまいます。 不用品回収業者の中には積み放題プランを用意している所があるので、こうしたプランを上手に活用すれば回収費用を節約する効果にも繋がります。 当サイトに登録している回収業者は遺品整理可能や積み放題可能の業者も多数登録が行われています。

    料金は回収業者により様々です

    回収業者は粗大ゴミ回収では回収して貰う事が出来ない、電化製品やパソコンなども対応可能にしています。 そのため、複数の不用品を処分する時など、1社にまとめて依頼が出来るメリットがあるわけです。 但し、回収業者はそれぞれ独自の料金形態を持っていますので、利用する時には見積りの依頼をする事が回収費用の節約に繋がって来ます。 尚、不用な品物を捨てる場合、単品で処分するよりもまとめて行う方が料金は安くなるため、引越しの荷造りをしている時など、これは使わないと考えられる品物は思い切って処分するのがお勧めです。

    対応エリアを確認して業者を選びましょう

    回収業者を選ぶ場合、対応エリアについてチェックしておく必要があります。 当サイトに登録が行われている業者さんは、東京など場合は板橋区や文京区、豊島区や北区、品川区などを主な対応エリアとしており、これ以外のエリアも対応を可能にしているケースがあるので、問い合わせを行っておくと安心です。 ちなみに、当サイトに登録が行われている回収業者は、対応エリア内での許可を得て回収ならびに運搬を行う正規業者で、許可を得ていないエリアでの回収や運搬は出来ません。 仮に、板橋区が対応していない場合は回収や運搬が出来ませんので注意が必要です。

トップへ戻る