不用品回収業者なら手間いらず

  • リサイクルスタッフ(不用品回収レスキュー)

    粗大ゴミ処分で持って行って貰えないものも可能です

    当サイトでご紹介を行っている会社は、粗大ゴミとして処分する時に断れてしまう、テレビや冷蔵庫、洗濯機やエアコン、パソコンやモニターなども処分する事が出来ます。これらの電化製品は家電リサイクル法に指定が行われているものとパソコンなどであり、粗大ゴミでは対応して貰う事が出来ません。 不用品の中に家電リサイクル法で指定が行われている電化製品やパソコンなどがある場合、これらは電化製品を販売しているお店に依頼をし、これ以外の不用品を粗大ゴミで処分するなどの手間が掛かる事になってしまいます。

    回収の相場は業者からの見積もりで把握可能

    不用品回収を行っている会社ではそれぞれが費用を決めています。これは粗大ゴミとは異なる点で、粗大ゴミの場合であれば300円や500円、1000円などのように品目毎に決まっているため料金相場が分かりやすいと言えましょう。しかし、見積もりを依頼する事で料金相場を掴む事が出来るようになりますし、軽トラック積み放題などのプランの場合は、それぞれの業者のホームページに記載してある料金表を比較すれば相場を掴む事も出来ます。 引越しの時などは大量の不用品が出て来るケースが多いかと思われますが、1つずつ処分するよりもまとめて処分した方がお得になるケースが多いのです。

    東京エリア内など料金が同じです

    不用品回収業者に依頼した場合、住んでいる地域によって出張料金が発生するのではないかと疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。当サイト内で紹介を行っている会社の場合、東京の世田谷区や千代田区に住んでいる場合、杉並区や新宿区、渋谷区などに関係なく料金相場での回収が可能になっています。 また、不用品の回収だけでなく、引越し業務を可能にしている会社もありますし、住まいのハウスクリーニングの依頼が出来る会社もあります。引越しの時や家の中の片付けを行うと同時に室内の掃除を同時にお願いする事が出来ます。

    自治体の粗大ゴミのように持ち出さずに済みます

    当サイトで紹介を行っている不用品回収の会社は自宅の中から要らないものを運び出してくれます。自治体が窓口になっている粗大ゴミ回収の場合は、事前に粗大ゴミ処理券をコンビニなどで購入したり、粗大ゴミ処理券に名前を記載してから要らないものに貼り付ける、さらに敷地内など指定の場所に運び出す必要があります。 大型の家具類やベッド、重量のある電化製品などを運び出すのは大変です。その点、サイト内で紹介している会社の場合は、部屋の中にそのまま置いておけば、スタッフが運び出してトラックに積み込みしてくれるので便利です。

トップへ戻る