【ピックアップ】 嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

不用品回収の
比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可
※スマートフォンサイトの場合、電話番号をタップすると電話がかかります
不用品比較.com認定
優良不用品回収業者

NO.1

NO.2

NO.3

不用品回収に関するコラム

不用品回収を業者に依頼する時、知っておいた方が得する情報をコラム形式でご紹介しております!

よくあるご質問

不用品回収によくあるご質問を、Q&A方式におまとめしました。

不用品回収の相場はいくらですか?
不用品回収の料金については、業者によってある程度異なってしまいますが大きく分けて2つの料金形態があり、 処分品の単価+追加料金で済む場合と、基本料金が発生する場合があります。 ※大体基本料金が発生する業者の方が多いです。 基本料金については3,000円∼5,000円の間が多く、処分品ごとの単価が割と明確なため、量が多いとその分料金も高くなってしまいます。 自分で持ち運べるものについては、市役所や区役所で処理してもらう方が安いかと思います。 状況に応じて依頼をする前に判断した方がいいでしょう。
産業廃棄物の回収は可能ですか?
不用品回収業者によって、対応できるところと対応できないところがあります。 事前に業者に確認を行った方が良いでしょう。 産業廃棄物の回収には、「産業廃棄物収集運搬業の許可」が必要になります。 不用品回収業者のWebサイトで確認できる場合がほとんどですが、電話でお問い合わせして確認する方が確実です。
粗大ごみになるものは?

布団や毛布、カーペット、掃除機などの大きなごみは粗大ごみになります。 ※大体30cm以上の物 可燃ごみや不燃ごみのように、袋に入れて出しても回収してくれません!


こういった粗大ごみについては、区役所・市役所指定の有料粗大ごみ処理券を購入して処理するか、不用品回収の業者にお願いしましょう。 ※有料粗大ごみ処理券はコンビニやスーパーで購入できます。 ※粗大ごみによって、粗大ごみの手数料が異なりますので、お住まいの区役所・市役所のホームページを確認した方が確実です。


区役所・市役所に処理してもらう場合のメリットは、安く処理してもらえることですが、粗大ごみを出す場所が決まっているので注意が必要です。 例えば高層マンションにお住まいで、指定場所まで粗大ごみを移動できない場合は、不用品回収の業者に相談した方がいいでしょう。

比較サイトって?

比較サイトやランキングサイトは業者を分りやすく比較できるところにメリットがあります。

1からご自身で業者を探し料金やサービスを比較するとなるとかなりの時間が掛かってします。


当サイト以外にも比較サイトやランキングサイトは多数あり、粗大ゴミ比較ナビ不用品比較ランキング.com粗大ゴミ情報館ゴミ回収業者サーチなども、分りやすく業者を探したり、情報を得たりすることができます。


比較サイトやランキングサイトで数社ピックアップし、順番に電話をかけ料金や希望日に回収をしてもらえるかなどを確認すると効率的ですし、比較サイトやランキングサイトに載っている業者は比較的大きい業者ばかりなので安心という意味でも、こういった情報がまとまっているサイトから選ぶことは賢い方法だと言えます。

不用品を回収してもらうときの分別は?
分別をしてもしなくても、不用品回収をする際の料金が変わらない業者が多いです。 ただ、本や雑誌、古紙を分けていただくと費用がお安くできます。
支払にクレジットカードは使える?
使える業者もあります。 クレジットカードの支払いに対応している業者は、しっかりした会社ともいえます。
土日祝でも不用品を回収してもらうことはできる?
業者によります。大体の場合が、Webサイトに営業時間や休日など記載しているので、気になる業者を見つけたら一度チェックしてみるといいでしょう。
間違って出してしまったゴミは?
その場合は取り戻すことができません。 貴重品は特にですが、間違って捨ててしまわないように事前に確認しましょう。
即日対応ってしてもらえるの?
問い合わせをして即日回収してくれる業者もあります。 時期などによっても変わってきてしまうため、できれば余裕をもって問い合わせた方が良いでしょう。
見積もりにきてもらった時以上にゴミが増えた場合は?
できれば事前に不用品回収業者に連絡した方が良いですが、大体の場合がその場で再度見積もりをしてくれます。
ゴミの量がかなりあるので、伝え方がわからない
不用品回収業者に電話すると、部屋の状況、ゴミの量などを電話で聞かれた上で、一度訪問して見積もりを出してくれたりします。 電話応対で業者の対応力をみてみるのはいかがでしょうか。
役所にゴミを出すのとどっちが安い?
大体の場合は役所の方が安くすみます。 ただ役所にゴミを出す場合は、指定の場所までゴミを持っていかないと回収してもらえないため、マンションなどにお住まいの方は不用品回収業者に相談してみてはいかがでしょうか。

copyright(c)不用品比較.com All Rights Reserved.