【ピックアップ】 嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

不用品回収の
比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可
※スマートフォンサイトの場合、電話番号をタップすると電話がかかります

不用品回収に関するコラム

不用品回収を業者に依頼する時、知っておいた方が得する情報をコラム形式でご紹介しております!

悪徳業者に注意

チラシの内容で、無料引き取り・高価買取などの甘い言葉には要注意!
どのような業者が悪徳業者なのか、知識として把握しておいた方が良いでしょう。

チラシを郵便ポストに入れる業者

チラシの内容で「無料引き取り」「高価買取」など甘い言葉で営業していたり、トラック1台で「無料引き取り」アナウンスをしながら回っている業者。呼び止めて依頼したところ、法外な値段を請求されたというトラブルが後を絶ちません。

回収無料と言っている回収業者

無料や高額買取を押し出している会社には注意しましょう。実際に無料になることはもちろんありません。むしろ、これはココとココにキズがあるので回収料を請求される場合が殆どで、業者によっては法外な値付けをしてくることすらあります。

所在地不明の回収業者

トラック1台で営業する不用品回収業者は多数存在しています。所在地を明らかにしておらずトラブルで後々相手をみつけたくても不可能となります。これらの業者に依頼しないことがまず大事です。回収に出したと思った自転車が不法投棄され、警察署から連絡がきたなどの事例もあります。

法人の場合、マニフェストの発行が義務

法人の場合、事業輩出ごみを回収する場合は産業廃棄物管理票マニフェストの発行が義務となっており、発行されない場合違法行為となります。この義務に違反した場合、罰則が適用されます。

copyright(c)不用品比較.com All Rights Reserved.