不用品回収の料金相場について | 不用品回収を探すなら不用品比較.com

不用品回収の比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可


不用品回収の料金相場について

基本料金について

不用品回収の業者に依頼をする際は、大半の場合基本料金というものが発生します。 作業者分の人件費と考えた方が分かりやすいかもしれません。 基本料金については、不用品回収の業者によってマチマチではありますが、3,000円〜5,000円の間が多い傾向があります。 基本料金にプラスして、処分品ごとの回収費が掛かってきます。 処分品ごとの単価については、不用品回収の業者によってそこまでひらきがないので、ある程度は事前に調べて把握することができます。 全ての情報ではありませんが、当サイトでも処分品ごとの単価を紹介しております。

役所と業者の違い

処分品ごとの回収費

各処分品ごとの料金相場を一覧でご紹介いたします。
※都度アップデートします ※大きさによってある程度前後します

テレビ 約 4,000円〜6,000円
パソコン 約 3,000円〜8,000円
冷蔵庫 約 5,000円〜10,000円
洗濯機 約 5,000円〜8,000円
ベッド 約 3,000円〜6,000円
マットレス 約 2,000円〜5,000円
ソファ 約 2,000円〜5,000円
テーブル 約 2,000円〜5,000円
タンス 約 3,000円〜8,000円
本棚 約 3,000円〜8,000円
エアコン 約 3,000円〜8,000円
電気ストーブ 約 1,000円〜3,000円
カラーボックス 約 500円〜2,000円

※下記については不用品回収業者にお願いしないと、回収してもらえないものになります。
※大きさにもよってしまいます ■ベッド ■机 ■本棚 ■冷蔵庫 ■洗濯機

回収料金以外に必要な費用

通常料金回収料金以外に、状況により追加費用が発生する場合もあります。 例えば、マンションでエレベーターが無い場合や回収現場の近くにトラックを停めることが出来ない場合などです。 自身で回収地点まで運ぶか、全て任せてしまうかは回収する物によって決めると良いでしょう。

お得なパックやのせ放題プラン

殆どの不用品回収業者は単品での依頼が可能です。 しかし、他にも不用品がある場合はまとめて依頼すると単品で依頼するよりは割安で回収してもらう事ができます。

少しのゴミ回収や数点の家具をパックにしたプラン 約 10,000円〜20,000円
1K程度の部屋容量のパック 約 30,000円〜40,000円
1K〜1DK程度の部屋容量のパック 約 50,000円〜70,000円
2DK〜2LDK程度の部屋容量のパック 約 80,000円〜150,000円
2LDK〜3DK程度の部屋容量のパック 約 150,000円〜250,000円
3LDK〜4DK程度の部屋容量パック 約 250,000円〜400,000円
ゴミ屋敷やゴミ部屋 現地確認後に見積もりする不用品回収業者が多い
事務所や店舗など 現地確認後に見積もりする不用品回収業者が多い

お得なパックやのせ放題プランがある不用品回収業者

トップへ戻る