不用品回収の比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可


粗大ごみとはなにか?

粗大ごみとは、家庭から出るごみで主に電気、ガス機器、家具、寝具など。小さくても燃やす前に砕かなくてはならないものが対象です。 市や区役所で処理ができないものがあるので、事前にチェックしておきましょう!

粗大ごみの種類

高さ・幅・奥行のいずれか1辺が30センチメートルを超えるもの、または重さが10キログラムを超えるものです電気・ガス・石油器具、家具、寝具、自転車などがあります。

粗大ごみの種類

粗大ごみとして市や区役所に収集できないもの

家電リサイクル法により粗大ごみとして収集できないものとして、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は粗大ごみとして収集できません。他にも自動車・バイク等の部品全般、ピアノ、コンクリート類も収集できません。これらのものは、不用品回収業者や購入した販売店にお問い合わせください。

粗大ごみとして市や区役所に収集できないもの

事業活動での粗大ごみ

店舗、事務所、屋台、企業など事業活動での粗大ごみは、基本原則として事業者関係者が責任を持って処理しないといけません。特に粗大ごみはすぐに処理することができないため、事前に処理手段を決めておくことが大切です。

事業活動での粗大ごみ

粗大ごみの処分手段

市や区役所の場合、事前に有料粗大ゴミ回収券の購入が必要です。料金に関しては不用品回収業者よりかは若干料金は安いですが、自分で運び出さないといけないという手間はあります。状況によりどちらかを判断するのが良いでしょう!

粗大ごみの処分手段
トップへ戻る