不用品回収の比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可


役所と業者の違い

役所に依頼するか、回収業者に依頼するかはご利用状況に合わせて依頼することが大事です。
家電リサイクル対象商品をはじめ、処分できないものが多くあります。

役所と回収業者は利用状況によって使い分ける

役所に依頼するか、回収業者に依頼するかはご利用状況に合わせて依頼することが大事です。 役所は比較的に安く依頼する事が出来ますが、事前に回収券の購入や日程・時間の都合が全くつかないので不便と感じるかもしれません。 その分回収業者は役所に比べると高くなる場合もありますが、日時指定はもちろんお客様の状況に合わせ柔軟に対応出来る業者も多いので人によっては役所との価格差以上の価値は十分にあると思います。

役所と業者の違い
不用品回収業者 役所
回収品目 強烈な悪臭や危険なものを除いてほぼ全て回収がする事が可能です。回収業者により回収出来ない品目が違いますのでご依頼の業者にご確認ください。 家電リサイクル対象商品をはじめ、処分できないものが多くあります。 回収出来ない物 洗濯機・エアコン・テレビ・冷蔵庫パソコン本体・ディスプレイノートパソコンディスプレイ一体型パソコン、等
手間 自身は何もする事なく部屋の中から運び出してくれる。予約の電話1本で自宅まで来てくれる。 事前に有料粗大ゴミ回収券が必要。 日時指定などの融通がきかない。 定められた場所に定められた時間までに自身で持っていく。
回収費用 自身は何もする事なく部屋の中から運び出してくれる。 予約の電話1本で自宅まで来てくれる。 事前に有料粗大ゴミ回収券が必要。 日時指定などの融通がきかない。 定められた場所に定められた時間までに自身で持っていく。
利便性 自身は何もする事なく部屋の中から運び出してくれる。 予約の電話1本で自宅まで来てくれる。 事前に有料粗大ゴミ回収券が必要。 日時指定などの融通がきかない。 定められた場所に定められた時間までに自身で持っていく。
トップへ戻る