【ピックアップ】 嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

不用品回収の
比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可
※スマートフォンサイトの場合、電話番号をタップすると電話がかかります
不用品回収に関するコラム

不用品回収を業者に依頼する時、知っておいた方が得する情報をコラム形式でご紹介しております!

不用品回収と遺品整理を依頼したい方

近年、お年寄りの方の1人暮らしも増え、一軒まるごとご依頼される方も多くなってきております。
ご遺族の方と同世帯にお住まいの場合は家族で整理や片付けはできますが、そうでない場合も多く、専門業者に依頼されるのが一般的です。

遺品整理とは

遺品整理とは、故人の方の身の回りの物をご遺族の方に代わって整理や片付けを行うサービスです。
遺品整理は通常の不用品回収とは違い専門的な要素も含まれる為、遺品整理サービスと取り扱っている専門業者に依頼すると安心です。ただ、大事な遺品の整理は親族で行い、家具や家電など、不用品を取り分けまとめて不用品回収業者に依頼すると費用は安価で抑えることができます。

遺品整理士による専門的なサービスを依頼したい

遺品の供養、不動産の売却・リフォーム・解体、特殊清掃・脱臭、形見分けのお手伝いなど、遺品整理の専門業者にしかできない心使いやサービスを依頼する場合、まずは無料訪問・お見積りかたはいり、ご相談という形から進めていく場合が多いです。また、専門業者の専門サービスは費用面的でかなり高価なサービスとなりますので、依頼したいこと、自身ですることをしっかり分けて相談することをお勧めします。

遺品整理は親族で行い、不用な物だけ依頼したい

大事な遺品の整理は親族で行う場合は、貴重品や各種契約まわりは自身でやり、清掃や家具や家電の回収のみ業者に依頼する方法があります。こちらは自身で行う手間は増えてしまいますが、その分安価で依頼することができます。整理に時間を掛け、全て終わったタイミングで依頼することができるので、費用面も含め依頼しやすい点がお勧めです。

遺品整理の料金の目安

専門業者に依頼する場合、基本的には「部屋の広さ」+「オプション」=「費用」になるので、何を依頼するかで費用が変わってきます。

  • 1部屋 作業員2名50000円前後+オプション
  • 2部屋 作業員2名〜3名100000円前後+オプション
  • 3部屋 作業員3名〜4名200000円前後+オプション
  • 5部屋 作業員4名〜5名300000円前後+オプション

遺品整理を親族で行う場合、不用品の回収は通常の回収業者に依頼することができるので、専門業者の半額程度で依頼することができます。手間をとるか費用をとるかは依頼者や親族の都合によるので、親族内でもしっかりと相談し進めていく必要があります。

copyright(c)不用品比較.com All Rights Reserved.