【ピックアップ】 嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

不用品回収の
比較ポイント

不用品回収の依頼で一番多いケースは引越時の相談です。

●冷蔵庫 / ●洗濯機、乾燥機 / ●エアコン、室外機 / ●ベッド、布団がよく処分されている物で、【単品】で処分するよりも【まとめて】処分する方が圧倒的に安いです。

定額プラン有、もしくは軽トラック積み放題サービスを行われている業者を選んだ方がお得です。

下記アイコンが多い業者も比較ポイントです

  • 積み放題可
  • 引越対応可
  • お得なキャンペーン有
  • 口コミ多数
  • 夜間早朝可
  • 法人対応可
  • 遺品整理可
  • ハウスクリーニング可
※スマートフォンサイトの場合、電話番号をタップすると電話がかかります
不用品回収に関するコラム

不用品回収を業者に依頼する時、知っておいた方が得する情報をコラム形式でご紹介しております!

不用品回収と引越しを依頼したい方

不用品回収は引越しの際に利用されることが多い

不用品回収の依頼で一番多いケースは「引越し」の際の依頼です。その中でも、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・ベッドの回収が主で、どれも1人で持てない程の大きい物、又は役所(行政)では処分出来ない物が多いです。エアコンに関しては取外しの作業が必要となる為、一般の方は難しいのが現状です。

リサイクル4品目の処分の注意点

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビは役所(行政)で処分することはできません。基本的には販売店に引き渡す方法、販売店が分からなかったり不明な場合は回収業者に依頼する方法の、大きくわけて2通りあります。
買い替える場合

新しい家電を買う販売店に引き渡します。リサイクル料金が必要になり、リサイクル料金は家電のメーカーによって異なります。

費用目安: リサイクル料金 + 運搬費など
処分のみの場合(購入した販売店で処分)

処分する家電を買った販売店に引き渡します。販売店に渡せない場合は東京都の場合だと「家電リサイクル受付センター」に依頼する必要があります。

費用目安: リサイクル料金 + 運搬費など
処分のみの場合(不用品回収業者に依頼)

不用品回収業者に依頼する場合は回収業者毎のプランによって金額の設定があります。

費用目安: 回収費

リサイクル料金の目安

16型以上のテレビ

インチ数により料金が異なります。近年テレビの大型化に伴い殆どの方は16型以上のテレビに該当します。

約3000円 + 運搬費など
171L以上の冷蔵庫

171L以上は一般家庭の冷蔵庫の大きさです。一人暮らし用の1ドア冷蔵庫は約3600円になります。

約5000円 + 運搬費など
洗濯機・衣類乾燥機

洗濯機に限ったことではありませんが、メーカーによってはサイズの区分なく同一料金になる場合があります。

約2500円 + 運搬費など
エアコン

エアコンは運搬費とは別に依頼先により取外し費用も必要になります。

約1500円 + 運搬費など

段取り良く依頼すると引越し費用も抑えられます

引越しは段取りがとても大事で、引越し自体の日程もありますが、郵便やガスやインターネットなど各契約まわりにも手続きが必要なものがあります。引越し後に、引越し前の自宅に何度か足を運んだ経験がある方は多いのではないでしょうか。また早めに予約をすれば費用的にも割安で依頼することも出来き、時間にも余裕ができるのでデメリットがありません。
引越し前の処分で料金を「減額」できます
引越しは段取りがとても大事です。引越し当日までに不用な家電や家具を処分することで、引越し料金を安く抑えることが出来ます。不用な物を処分せずに他の荷物と一緒に運んでしまうと、その分料金も発生してしまい、後日処分すると決まっていれば無駄な費用が発生してしまうことになります。二重に費用が発生しない為にも、引越し前に不用品を処分してしまいましょう。
引越の日程に合わせて依頼すると「お得」
引越しの日程に合わせ、回収業者への事前の予約で費用が割引となるサービスがあります。ギリギリになって依頼するより回収費を安く抑えることができるので、引越しの日程が決まっている場合は早めに予約しておくとお得に利用することができます。

インターネットの引越しも必要

忘れがちなインターネットの引越しです。インターネットの引越手続きは引越し先での工事が必要になる事が多いため、引越先の住所が決まり次第早めの手続きをおすすめします。接続機器に関しても殆どが一旦返却する必要があるため、返却がギリギリになってしまうと引越し先でしばらくインターネットが使えない状況になってしまいます。
パソコンダスト

引越し時に不向きな役所(行政)サービスの上手な利用方法

引越しの際や急ぎの場合には不向きな役所(行政)サービスでの不用品回収ですが、物によって上手く利用すればお得に利用することが出来ます。用途やタイミングに合わせて使い分けるのも一つの手段です。
役所(行政)では回収出来ない主な物
冷蔵庫、洗濯機・乾燥機、テレビ、エアコン、パソコン、など、処分出来ない物が沢山あり、会社、店舗など事業に伴った不用品は処分ができません。回収日の日程、時間の指定もできないので、民間企業に比べるとどうしても融通が利かないと感じてしまいます。ただ、1点2点程の小型家電・家具の処分や、時間と手間に余裕がある方は役所(行政)に依頼する方法がおすすめです。
役所と業者の違い

copyright(c)不用品比較.com All Rights Reserved.